きららタイムアニメブログ

きららっぽいアニメはあるが、○○っぽいきららはない。

【こみっくがーるず】第6話 感想・考察 ホラーな新キャラ登場! そして美人教師の意外な一面と暗黒勇者と

スポンサーリンク

f:id:sugarla:20180511225940j:plain

前回Cパートで衝撃を与えた、儚くも美しい新キャラクターが登場です。あたかも幽霊のような雰囲気ですが、果たして……。

かおす先生たちの担任教師である虹野美晴先生、実は生粋のオタクでした。彼女とかおす先生たちの関わりの行く末も必見です。

人間関係が目まぐるしく変化していく、第6話です。

 ストーリー

アバン ~ Aパート

f:id:sugarla:20180511230153j:plain

赤い月が夜空に浮かぶ、妖しい夜です。

かおす先生、お風呂に入っています。やったぜ。

すると、なんということでしょう。窓の外に幽霊がいるではありませんか。羨ましいけど怖い! 先生の悲鳴に、小夢ちゃんが飛び込んできます。ラッキースケベな状況になりつつ、外を確認するも何もいません。ひとまず安心

f:id:sugarla:20180511230706j:plain

――ミいつけた

 

霊は気からと言いますが(言いません)、寮の周りに異常がないことを確認してもやはり怖いかおす先生。するとその背後、廊下に……いる!

たまらず先生は逃げ出し、琉姫さんと翼さんのお部屋に飛び込みます。

幽霊を見たと証言しても、二人は中々信じてくれません。ホラー映画にありがちな展開です。そういえば小夢ちゃんがまだあの場所に、と先生は思い出します。一斉に廊下を見ると、そこには幽霊に抱かれた小夢ちゃんが! 大変です!

f:id:sugarla:20180511230743j:plain

「気持ちいい~」

(意味深)。小夢ちゃん、幽霊の冷たい身体に馴染んでいます。

幽霊の正体は、同じ寮のメンバーの怖浦先輩でした。ふうら、と読みます。ここしばらく実家に帰っていたようで、今回から登場の新キャラです。見た目通りのホラー漫画家さんです。

そして彼女は、先ほど良い声で鳴いていたかおす先生に目を付けるのでした。

 

今回は鏡のカットが多いです。どうやら怖浦先輩は鏡越しに現れるのが好きなようで、案の定、朝からかおす先生を驚かせるのでした。

f:id:sugarla:20180511230812j:plain

かおす先生のサイドテール可愛い。などと思っていたら、怖浦先輩のホラーラッシュが始まります。先生のSAN値を削り放題です。扉を叩く音がホラーゲームのそれです。

 

カラスの鳴き声を背景に、蝶が飛んでいます。

琉姫さんの膝で慰めてもらうかおす先生が羨ましい。先生が怖浦先輩に取り憑かれ(気に入られ)ているのは、よく叫ぶからだそうです。

かおす先生は、なんとか先輩をスルーするしかありません。

 

妖しい空、雨風吹き乱れ、雷が落ちます。ホラーに相応しい夜となりました。

4人は部屋にバリケードを張って立て籠ります。廊下の床がミシミシと鳴り、怖浦先輩の接近を告げます。そしてかおす先生を呼びながら扉や窓を叩く先輩! 怖!

――ひとりが寂しい。人との接し方がわからない。

先輩の呟きが、かおす先生の胸に刺さります。小夢ちゃんたちに出会うまでの自分と重なるのです。

彼女を放っておけない……かおす先生は窓を開け放ち、先輩と向かい合います。先輩は泣いていました。そして怪しげな笑みを浮かべて、かおす先生を捕らえます。やっぱり怖い!

優しすぎるかおす先生は先輩を無視することができません。もしかするとこのまま寮を去ってしまうのでは……そんな不安がみんなの頭をよぎります。

f:id:sugarla:20180511230840j:plain

しかし、我らが先生はひと味違います。襲われる中、怖浦先輩の意外と豊かな胸に気がつくのです。そして綺麗な笑顔に魅了され、先輩とお友達になるのでした。悲鳴のニュアンスも我々寄りのニュアンスになります。さすかお!

 

よく晴れた明くる日。今度は平和的に先輩を部屋に招き入れます。

もうかおす先生は慣れたようで、先輩の白い肌を褒めます。小夢ちゃんもワンピースの話をしたりと、2人はすっかり先輩に懐いています。さすがの先輩もたじたじです。

f:id:sugarla:20180511230903j:plain

寮に平和が戻って一件落着……と思ったのも束の間、琉姫さんが手鏡を覗くと、背後に怖浦先輩が現れます。琉姫さんは盛大に叫び、翼さんは悪霊退散の声を上げます。

嫌がってもらえて、先輩は喜びます。本当はMなのかもしれません。変わってるけど悪い人ではない、でもやっぱりめんどくさい人でした。

 

Bパート

虹野美晴先生は、前回コスプレ中に翼さんたちと鉢合わせしてしまったことに悶々としているようです。オタバレは時と場合によっては一大事ですからね。

とにかく気持ちを切り替え、学校に向かいます。お母さんの声が聞えるので実家暮らしでしょうか。ちなみにここでもキーアイテム、鏡が登場します(テレビ画面と立ち鏡)。

 

一方寮では、翼さんが徹夜でネームを考えていたため寝不足です。読者アンケートの上がったものの、生の声が聞かれず人気の理由を実感できないため、あまり嬉しそうではありません。

授業中に寝てしまって怒られないように気をつけよう、と全員で気を引き締めるも、朝の挨拶から虹野先生に注意されてしまいます……かおす先生が。でも美人教師に怒られて喜んでいるのでセーフです。

 

 

f:id:sugarla:20180511230929j:plain

授業が始まると、翼さんが速攻で寝ていました。虹野先生は説教をする名目で彼女を連れ出し、オタバレしたのかどうか探ろうとします。

手助けのために割って入ったのは小夢ちゃんです。私もウェイトレス小夢ちゃんにコーヒー淹れてほしい!

 

漫画家であることを虹野先生にカミングアウトすることについて、翼さんは否定的です。理由は、女子高生が少年漫画を描いているから。正体が女子高生であることは、ウイング・V先生のイメージに合わないのです。ウイング・V……。

 

しっかり起きている翼さん。ですが、漫画の仕事をして気を紛らわせているだけのようでした。

翼さんは先生に見つかってしまい、今度は屋上に連行されます。ついにここまでか……と思いきや、なんと虹野先生は暗黒勇者の大ファンで、翼さんを仲間だと勘違いしてぐいぐい迫って来ます。

話を誤魔化すついでに、翼さんは暗黒勇者の魅力を虹野先生から聞きだします。先生曰く、とにかく主人公が可愛いとのことです。特に生意気な性格とひざこぞう。そういう見方もあるのか、と翼さんは感心します。

状況にいたたまれなくなったかおす先生、ついに虹野先生に真実を告げます。

ウイング・V先生の正体が女子高生、しかも教え子の翼さんであるという真実に、虹野先生は向き合うことができません。

「翼さんはすごいんだぞー!」 ←可愛い。

f:id:sugarla:20180511231010j:plain

ついに虹野先生は真実を認め、崩れ落ちるのでした。「先生はあなたです」に思わず私も笑ってしまいました。

色々とありましたが、翼さんはファンの生の声を聞くことができて良かったですね。

 

実は虹野先生と寮母さんは友達で、その寮に翼さんたち4人が住んでいることも発覚。どんどん人間関係が繋がっていきます。

縁側でくつろぐ中で、かおす先生が新たなアイデアをひらめきます。それは、ギャップ

 

編沢さんのもとにかおす先生がネームを持ち込みます。テーマは「ギャップ」。

美人教師でありながらオタクでひざこぞう好きの虹野先生、ホラーだけどいやらしい怖浦先輩に着想を得たようです。

明らかにそっくりな設定のキャラクターたちが登場しています。編沢さんの反応は珍しく良好です。良いキャラ配置と認めてくださいます。しかし肝心のストーリーは……ボツ以前

先は長そうです。

 

エンディング

f:id:sugarla:20180511231102j:plain

おわかりいただけただろうか。

 

次回予告

次回予告です。

古い絵画風? 手紙風?

知識が足りなくてすみません。とりあえず怖浦先輩が次回も登場です。楽しみ!

 

まとめ

ホラー演出がギャグなのに気合入ってましたね! さらには感動まで畳みかけられました!

上田麗奈さんの素晴らしい演技も相まって、新キャラの怖浦先輩のことが一気に好きになりました。素顔が可愛く、胸もありますし。先輩を受け入れることのできたかおす先生の姿から、彼女の成長を確認できました。

虹野先生の暴走も良かったですね。翼さんに対して敬語に切り替わってしまうのが面白かったです。そして翼さんの努力が報われる瞬間も見ることができました。でも、やっぱり私はかおす先生と一緒に美人教師に怒られたいです。

 

今回はAパートとBパートで別々のキャラを主軸に置いているのですが、人物のギャップを描くという点で一貫しています。それはかおす先生のまんが観にも良い影響を与えて、ようやく編沢さんに褒めてもらえるところまで辿り着きました。総合的な評価はお察しですが……。

今後の楽しい毎日とかおす先生の成長に期待です!

 

おわりに

以上となります。

長くなりましたが、最後まで読んでいただけたなら幸いです。

ありがとうございました。