きららタイムアニメブログ

きららっぽいアニメはあるが、○○っぽいきららはない。

【まちカドまぞく】第5話 感想・考察 危機管理フォームを発動! シャミ桃の未来を約束するトイカメラ

f:id:sugarla:20190812132503j:plain

シャミ子、脱ぎます。

妹想いのまぞくは、新たな能力を呼び起こします。その名も、危機管理フォーム。

愛する妹を笑顔にするためにシャミ子は健闘します。そして桃さんはいつにも増してママみがあるような?

そんな第5話「町内は罠だらけ?? 崖っぷちまぞくの新たなる能力」。

 

 

ストーリー

アバン ~ Aパート

f:id:sugarla:20190812131626j:plain

軍師系妹の良子ちゃん、尊敬する姉のシャミ子に学校の課題で取材を敢行します。

ダメダメな姉をテーマにしても見栄えよく記事にできる脚色スキルを持ち合わせています。できた妹さんです。それでいいのか、シャミ子よ。

 

妹の尊敬に足る姉になろうとシャミ子は気合を入れます。

そして早速、先日のバイトで獲得した給料のうち2200円を桃に突き付けます。これで借金完済! 光と闇の戦いにお金のしがらみがなくなりました!

桃さんは、やはりと言うべきか、シャミ子との戦いを先延ばしにしようとウィンナーや生ハムで気を引きます。しかし今日のシャミ子は丸め込まれません。なぜならボンバーおにぎり大作戦でお腹をいっぱいにしてきたから! げぷっ。

f:id:sugarla:20190812131746j:plain

困る桃さんに、珍しく優勢のシャミ子。可愛い。シャミ子はキルミーベイベーのやすなくらい調子に乗った末、尻尾に冷凍ペットボトルを当てられる制裁を受けるのでした。

 

ここで桃さん、シャミ子から「妹に何か買ってあげる」という話を聞いて、急に態度を真摯に改めます。「余ったお小遣いは、家族や自分に使おう。(返済は)認めませーん」可愛い

桃さんは家にひとり暮らし。家族はいない、と寂しそうな表情で言います。何やら複雑な事情がありそうです。そんな桃さんから家族を大事にという旨の助言が出たことに、意味深な響きを感じずにはいられません。

シャミ子も何かを察し、とりあえず返済とバトルを延期にすることを了承しました。ちょっとまぞくらしく憎まれ口(でも慣れてない)を叩くところが可愛い。

 

桃さんは、シャミ子と良子ちゃんの買い物について来ます。何でも言うこと聞いてくれる権利を手に入れましたからね。やったぜ。

魔法少女とまぞくの妹(軍師)の邂逅。シャミ子の嘘松を守るために、桃さんの正体は伏せておくことに。そして飛び出した紹介は、

「これは……親友の桃ちゃんです」――!!?!?

f:id:sugarla:20190812131924j:plain

まさかの親友&ちゃん付け。桃さんはかつてない表情を浮かべます。いいぞもっとやれ。

 

妹想いの姉 vs 姉想いの妹。良子ちゃんの好きなものを何でも買ってあげたいシャミ子ですが、良子ちゃんは戦闘支援のための医療キットや兵法書ばかりを選んでしまいます。プレゼントはなかなか決まりません。

ここで桃さん、良子ちゃんのある視線に気がつきます。

良子ちゃんの欲しい物とはカメラでした。尋ねてみると、顔を真っ赤にして否定しますが、ずばり欲しそう。わかりやすい態度は姉にそっくりです。

USBトイカメラなら買える! こうしてシャミ子は妹の本当に欲しい物をプレゼントしてあげられたのでした。……でも無理してることは尻尾の様子からバレバレで、号泣されてしまうのでした。

 

結果的に桃さんのおかげで妹を喜ばせることができたと、シャミ子は語ります。二人の間に友情めいたものがより深まるのを感じるのは私だけ?

気の利く良子ちゃん、最初に撮る写真に、姉と桃さんのツーショットを希望します。全くもって本当に気の利く子です!

夕暮れを背景にした尊い写真は後ほど。

f:id:sugarla:20190812132031j:plain

妹をとられたくないシャミ子。

 

Bパート

カメラの撮影写真を確認するためにはパソコンが必要。桃さんは古いノートPCを吉田家に貸与します。

桃さんに借りを作りたくないシャミ子、しかし良子ちゃんのためとあっては受け取ります。PCは精密機械、絶対に落としたり水をかけたりしてはいけません。絶対、絶対ですよ!

 

試練1 部室棟の横をすり抜けろ

バナナの皮や横断する亀やソフトテニス部の杏里ちゃんにビビらされつつ、なんとか通過します。

 

第二の刺客 掃除中の小倉さん

杏里ちゃんの友達でC組の小倉さんが登場します。あ、シャミ子とは友達じゃなかったんだ……(察し)。

彼女は呪術とか悪魔を研究する部に所属しているとのこと。観察対象もとい素敵な友達になれるはず、とぐいぐい来ます。そしてお近づきのしるしに、シャミ子の口に黒の丸薬を放り込みました。

f:id:sugarla:20190812132226j:plain

ヤバい子です。魔力がゴリゴリに上がる漢方を独自に作り、シャミ子に飲ませて実験(プレゼント)しようと常に携帯していたそうです。ヤバい子です。その効能やいかに?

 

ラストバトル?

学校から出るだけで一苦労。最後の相手はイヌでした。

シャミ子は恐れおののきます。イヌって強いよね脚4本あるしなどと言い出す始末。そこにふと降りてきた救いの声は、リリス様でした。

何故か魔力が絶好調であるというシャミ子に新たな能力を授けます

――叫べ! 心の形を!

「シャドウミストレス優子! 危機管理フォーム!!」

突如として変身バンクが流れます。シャミ子、変身!

f:id:sugarla:20190812132326j:plain

まるで痴女のような格好に。やっっったぜ! でかい! これがシャミ子の戦闘フォームとのこと。素晴らしきかな、メソポタミアの感性。

結局イヌは飼い主さんに連れられて散歩に出かけていきました。

明らかに二度見系な衣装はリリス様が今度直すそうです。直さなくていいです!

 

そういえば忘れてた

怪しいサブタイトル。

フラグ回収とばかりに、始祖像に転ぶ&妹が踏む&母が水をかけるのトリプルコンボがPCに炸裂するのでした。もはやこれまでか……?

 

いよいよだよ

生存は絶望的かと思われたPCですが、無事起動できました。

カバンには、桃さんからの手紙がありました。もしもの場合に備えて。防水加工で衝撃に強いバッグに入れておいたそうです。壊れても気にしないで、泣かないでとも書いてありました。ママですやん!

f:id:sugarla:20190812132418j:plain

桃さんの思いやりに、シャミ子は泣きながら「これで勝ったと思うなよー!」捨て台詞決め台詞を叫ぶのでした。

 

良質なコラと脚色によって、良子ちゃんは姉の立派な活動を紹介する素敵な記事を仕上げました。

「桃には読ませません!」と意地を張るシャミ子ですが、肝心のデータは桃さんの家にあるのです。

f:id:sugarla:20190812132503j:plain

こんな尊いツーショット写真も!

 

今回はここまで。

 

次回予告

ロリ桃さんが登場している!? 桃さんの夢の中に侵入するとのこと。

体調の悪そうな桃さんと、引き続き痴女な変身のシャミ子。

 

次回、第6話「あすへの決意!! 重いコンダラ止まらない」。

 

まとめ

シャミ子が脱いだ!? 桃さんに圧勝できること間違いなしの秘密兵器をついに披露してくれましたね! 良い胸です本当に! 来週、リリス様と同じ能力で桃さんの夢に入る(?)ことから、間違いなく強化に繋がっているはずです。ええ、間違いなく。

始祖像を持たずにリリス様と交信できたうえに変身を発動できたのは、まさかの小倉さんののおかげでしょうか? 侮れません。なにげに大きいし。

それにしても、そのうち小倉さんはシャミ子とは別の意味で人の道を外れそうな危うさがありますね。

 

桃さんは安定のママ全開です。良子ちゃんの面倒を見てるし(荷物も持ってあげてます)、本屋では牛肉ハンバーグのレシピ本を読んでいます(これはシャミ子へのご褒美ハンバーグのため?)。

さらにシャミ子を丸め込めなくて不機嫌なときや、親友と紹介されたときの照れたような表情もとても良いものでした。第1話から増して、どんどん表情豊かになっています。しかし、

  • ひとり暮らし。家族はいない

という闇っぽい要素がまた追加……。シャミ子の努力の成果は家族のために使おう、と呼びかける姿には、彼女自身の後悔とシャミ子の幸せを願う優しさとが感じられます。

シャミ子がどうやって桃さんと向き合うのか、そして桃さんがどう救われるのかが今後の見どころになるかと考えます。っていうか救われてください!

 

最後のツーショット写真、素晴らしい光景なのですが、OPのラストとは微妙に異なります。

f:id:sugarla:20190812132703j:plain

世界線が違うとか?

あるいは、これからも何度でも二人で写真を撮る機会があるということでしょう。

シャミ子と桃さんがそれぞれの愛によって共に守ったもの(良子ちゃんの笑顔、カメラ)が、二人の幸せな未来を約束する。そう考えるとより素敵に感じられます。

 

今回のお気に入りシーン

f:id:sugarla:20190812132857j:plain

高台の二人。シャミ子の感情を表すと名高い尻尾が、二人の背中を包んでいます。

これぞ世界で最も尊い街角

 

おわりに

以上となります。

長くなりましたが、最後まで読んでいただけたなら幸いです。

ありがとうございました。